真菌とは? がんの正体は・・・

抗生物質で変化し人の身体を蝕み始める真菌とは?!

p53グルコースTOPページに戻る
<ガンに打ち勝つお役立ちコラム> 

真菌とは?

真菌の形としては、糸状の形態である菌糸型と、球形の形態である酵母型とが存在します。
両方の形態をとる場合があり、それを、二形性とよびます。

ほとんどの真菌は、胞子を造り、真菌の種類により形状が異なります。
胞子の存在で、真菌は増殖を可能にします。

胞子の種類を大きく分けると、有性胞子と無性胞子とに大別でき、雌雄(性別)があります。br />
◆ 有性胞子
面白いことに違う性別同士の接合(カップル誕生!)で有性胞子となり形成され、その種類は卵胞子、子嚢胞子、接合胞子、担子胞子と呼ばれます。

◆ 無性胞子
[胞子嚢胞子]と数多くの[分生子]
があります。

胞子嚢胞子の場合、菌糸から胞子嚢柄という側枝が伸びている。
胞子嚢柄には、袋の形をした胞子嚢がつくられ、胞子嚢の内部で、胞子が数多く発生します。
※ ガンジダは無性胞子で、ブドウ状の球形が特徴です。

◆ 細菌とは?
核膜 : なし
染色体 : 1つ
小胞体 : なし
ミトコンドリア : なし
細胞壁の主な成分 : ペプチドグリカン


◆ 真菌とは?
核膜 : あり
染色体 : 複数
小胞体 : あり
ミトコンドリア : あり
細胞壁の主な成分 : βグルカン、キチン、マンナン


◆ 細胞壁
細菌と同じく、真菌にも細胞壁があり、主な成分として、βグルカン、キチン、マンナンの3つがあります。

※ βグルカンは、グルコースとグルコサミンとの化合物。
※ キチンは、N-アセチルグルコサミンの化合物。
※ マンナンは、マンノースの化合物。

細菌の細胞壁にペプチドグリカンが含まれますが、真菌の細胞壁にはペプチドグリカンが含まれていないそうです。

※ ペプチドグリカン(peptidoglycan)とは? 糖鎖とペプチドが架橋した網状の構造をもつ、原核生物の細胞壁を構成する成分。
(多糖類とペプチドからなる高分子。)

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。