トゥリオ・シモンチーニ博士・ガン情報

「癌細胞はたいていは白い」という事実に着目!がんは真菌?

p53グルコースTOPページに戻る
<ガンに打ち勝つお役立ちコラム>

がんの正体は真菌?  
< トゥリオ・シモンチーニ博士とは? >

トゥリオ・シモンチーニ博士はイタリアの腫瘍学(腫瘍の治療)、糖尿病や代謝不全の専門医医師だそうです。
小児科のがん病棟に勤務していた時、放射線の治療で多くの子供たちが亡くなっていくことに苦痛を覚え、 現代医学の治療方法に疑問を覚え追求していく事に♪

彼の治療法は、重炭酸ナトリウム(重曹)を使用したものであり、これは英国人科学者2人の研究者、ガン治療薬発見グループ(the Cancer Drug Discovery Group)の ゲリー・ポッター教授とダン・バーク教授が発表した説で後に考察されています。

◆ ガン細胞は、普通の細胞にはない独特の「バイオマーカー」、CYP1B1(発音はシップ・ワン・ビー・ワン)と呼ばれる酵素を持っている。
※ 酵素とは、化学反応(の率の上昇)を「触媒する」タンパク質の事です。
◆ CYP1B1は、多くの果物と野菜の中に自然に見つかるサルベストロール(Salvestrol)と呼ばれる物質の化学構造を変化させる。
→  この化学変化がサルベストロールをガン細胞を殺す因子に変えるが、健康な細胞へは危害を加えない。
→ CYP1B1酵素は、ガン細胞内にのみ現われ、果物と野菜の中のサルベストロールに反応してガン細胞だけを殺す化学物質を作る。

というものです。

トゥリオ・シモンチーニ博士は、ガンの「しこり」が常に白いことに着目しました。

< 他に白い物とは何だろう? カンジダである。>

シモンチーニは、「ガン腫瘍」が、実はカンジダの攻撃から体を守るために、「細胞を生成している免疫系」であることに気がついたのです。

◆ 通常カンジダは、免疫系によって抑制されているが、免疫が弱体化した時にカンジダは増殖し、「コロニー」の形成が可能になる。
◆ → その「カンジダのコロニー」が臓器に広がり、免疫系はその脅威に対して別の方法で反応しなければならなくなる。
◆ → この「方法」とは、それ自体の細胞で防御壁を形成することであり、この増殖を私たちはガンと呼んでいる。

中でも、「癌細胞はたいていは白い」という事実に着目。
これはカビなどの真菌類が感染すると、身体に白いものができるという事実に見事に対応しているというのである。
実際、疥癬や水虫など真菌類が感染すると、皮膚が白くなる。舌にカンジタが感染すると、舌が白くなる。
これらは、我々が外から「 見える範囲内の感染 」に過ぎないが、「体内でも同じようなことが起こる。」

◆ → これが癌である・・・ という説です。

トゥリオ・シモンチーニ博士は、自分の癌に対する考え方が正しいかどうかを見るために、さまざまな実験や治療を行いました。
「水1リットルに200gの重炭酸ナトリウム溶液で癌細胞を洗浄すると見事に癌細胞が正常化して行く」

< この方法で彼は数多くの効果を検証しています >

トゥリオ・シモンチーニ博士の講演 「癌の正体」
    : 「ガンの正体。治療可能だ」原文より
 

【P53 フランDグルコース】配合フコイダンエキス
販売サイトへ

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。