2018年11月30日追記 ガン治療最新情報

ガン治療最新情報 2018/11 3選

p53グルコースTOPページに戻る
<ガンに打ち勝つお役立ちコラム> 

2018年11月30日追記 ガン治療最新情報

「ニボ + 低用量イピ 併用」が転移大腸がんの新たな一次治療になる可能性があると言う事が 2018年11月30日 ミュンヘンで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO)2018で発表されました。

メルマガでいただいた最新情報をご案内します。

情報発信源は : 「がん医療情報リファレンス」さん
「 https://www.cancerit.jp 」 ↑ 此方です(感謝)

ニボルマブと低用量イピリムマブを併用する免疫療法
一部の転移性大腸がん(遠隔転移を有する、切除不能な大腸がん)の患者の新たな一次治療になる可能性が、CheckMate-142試験の最新結果で示された。
URL : https://www.cancerit.jp/61428.html

内容 :

◆ 客観的奏効率は60%であり、患者の7%は完全奏効であった。
◆ およそ84%の患者では腫瘍が縮小した。
◆ 治療奏効までに要した期間の中央値は2.6カ月であった。
◆ 奏効期間中央値、無増悪生存期間中央値、および全奏効期間中央値はいまだ到達していない
。 ◆ 12カ月無増悪生存率および全生存率はそれぞれ77%と83%であった。

FDAが2種類のリンパ腫にブレンツキシマブ ベドチンを承認
2018年11月16日、米国食品医薬品局は未治療の全身性未分化大細胞リンパ腫(sALCL)または、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫および非特定型末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)を含むCD30陽性PTCL に化学療法を併用する形でのブレンツキシマブ ベドチン(商品名:アドセトリス、Seattle Genetics Inc.社)を承認した。
これはFDAがsALCLを含む未治療のPTCLに対して行った最初の承認である。

URL :https://www.cancerit.jp/61417.html

内容 :

◆ 未治療のPTCLに化学療法を併用したブレンツキシマブ ベドチンの推奨用量は1.8 mg/kg(最大180 mg)で6〜8回にわたる3週間ごとの投与である。
◆ 1サイクル目にG-CSF製剤の予防的な投与を開始する。
◆ 頻度の高かった有害反応(発現率20%以上)としては、ブレンツキシマブ ベドチン+CHP群の患者の2%以上に悪心、下痢、疲労、粘膜炎、発熱、嘔吐および貧血が確認された。
◆ ブレンツキシマブ ベドチン+CHP群の患者の52%、CHOP群の患者の55%に末梢神経障害が起こった。

子宮頸がんの低侵襲手術は開腹子宮摘出術より治癒率が劣る

MDアンダーソンニュースリリース 2018年10月31日

内容 :

◆ 低侵襲広汎子宮全摘術では、開腹での広汎子宮全摘術と比較して、疾患進行が3倍となった。
◆ 4.5年時点の無病生存率は、低侵襲手術群では86%、開腹手術群では96.5%であった。
◆ 3年全生存率は、低侵襲手術群で91.2%であったのに対し、開腹手術群では97.1%であった。

※ 2017年、631人の患者が登録されていたが、安全性について注意喚起がなされたために研究は中止された。
※ 低侵襲広汎子宮全摘術を受けた女性は、再発率が高く、無病生存率 および全生存率が劣ることが判明した。

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。