【p53フコダイン】マラソンをして免疫力アップ

運動でガンをやっつける@マラソンの勧め♪

p53グルコースTOPページに戻る
<ガンに打ち勝つお役立ちコラム> 

ランニング組のマウスは、がん細胞が50%縮!!

デンマーク・コペンハーゲン大学のペルニール・ホイマン博士らのチームがマウスを回し車でランニングを続けた結果、何も運動をしなかったマウスに比べ、 がん細胞が50%も縮小したという実験結果が見られたことを、国際医学誌「セル・メタボリズム」(電子版)の2016年2月16日号に発表したそうです。

研究チームは、アドレナリンががん細胞に及ぼす影響を調べるため、 肺がん、肝臓がん、皮膚がんなど5つのがんにかかったマウスを、 それぞれ回し車でランニングするグループと運動をしないグループの2つに分けて実験した結果、ランニング組のマウスは、運動をしなかったマウスに比べ、 5種類のがん細胞の大きさが平均で50%縮小したそうです。

マラソン(有酸素運動)の「おすすめ」です。


アドレナリンは、人が急激に興奮状態になるときに副腎から分泌されるホルモンです。
緊急時などの「命の危機」があるときに脳から反射的に分泌され「闘争ホルモン」と呼ばれたりします。
漫画や小説などシーンで「アドレナリンが噴き出す」と言う表現があるくらい日常よく聞く言葉ですね?

アドレナリンが、がん細胞やウイルスを攻撃するNK細胞(ニューキラー細胞)を一気に増やすそうです♪

◆ インターロイキン6(IL-6)
  研究チームはまた、インターロイキン6(IL-6)という免疫伝達分子が、アドレナリンとNK細胞の「がん細胞死滅共同作戦」に一役買っていることも発見したそうです。
IL-6は、ランニングなどの強い運動をすると筋肉組織から放出され、脂肪を燃焼したり、血管の炎症を防いだり、体にいい働きをする物質だとは認識されていたそうですが 、がんとの関連はわかっておりませんでした。
今回、インターロイキン6(IL-6)はNK細胞をがん細胞を退治すべくがん細胞のところへ誘導することが判明したそうです。

そして、IL-6ががんの発症地点までNK細胞を導く証拠が見つかったそうです。なぜIL-6がそんな役割を演じるのか、今後の研究課題だのことです。

図式的には、ランニングをするとアドレナリンが分泌され、「NK細胞」が増え、一方、筋肉からがん細胞の隠れ場所を突きとめるが放出され「がん細胞死滅共同作戦」が 乗り出し退治してくるそうです。
  ホイマン博士は「まだマウスの実験段階ですが、アドレナリンを十分に放出する運動が、がん細胞の縮小に有効であることが示されました。
これまで、がん患者にどんな運動がいいかアドバイスするのが難しかったですが、ランニングのようなある程度負荷のある運動を勧められます」と仰っているそうです。

【P53 フランDグルコース】配合フコイダンエキスのインフォメーション

有酸素運動が体に負荷をかけることで「闘争力」が増える・・・

体に「治るんだ!」と言う命令を出しましょう!
免疫力はあなたの意志が出せるんだと思えます。有酸素運動をして 筋肉を鍛えていけば抵抗力、免疫力、治癒力が沸いてくるのだと思います。

まさに「前向きになる事の勝利」だと・・・思いませんか?

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。