糖質制限は老ける?!:【p53フコイダン】がん情報

マウス実験では「ヒトの健康」はわからない

p53グルコースTOPページに戻る
<ガンに打ち勝つお役立ちコラム> 

「糖質制限」は老ける?! マウスによる実験に対しての見解

※ 東洋経済onlineさんの記事から
「 江部先生 」の見解部分 を引用させていただきます。

マウス実験をして、「 人が糖質制限をすると老ける 」という説は、
→ マウスの”食習慣からして当たらない ”ということを

< 江部先生が反論してくださり「嬉しく」思っています。 >


私自身が糖質制限をして4年以上経っており、自分でも体の調子が良く(スタイルも最高に)♪
元気に働けるのは糖質制限のおかげと思ってきていましたので、正直「めげる」内容でした。
反論文を読み、「 的を得た論証 」に   < 喜んでおります >


以下: 転載ですがご紹介させていただきます。

東洋経済online 4/2
糖質制限

糖質制限「老化説」が抱える根本的な大問題
<マウス実験では「ヒトの健康」はわからない>
 江部 康二 : 高雄病院理事長

◆: ネズミの主食はあくまでも「穀物=低脂質・低たんぱく食」なのです。
<マウス実験では「ヒトの健康」はわからない>ネズミは、「穀物=低脂質・低たんぱく食」に特化して、消化・吸収・代謝システムが適合しているのです。
東北大学大学院の実験は単純に、マウスの代謝に合わない(主食でない)糖質制限食(高脂肪・高タンパク食)をマウスに与えて、寿命や老化を観察するという実験にすぎません。

◆: 農耕が始まる前の700万年間は、穀物ではなかったことは確実です。
農耕が始まる以前の狩猟採集生活では、糖質を取ることはまれにしかありませんでした。

◆: ヒトの進化の過程で脳が急速に大きくなり、シナプスが張り巡らされるためには、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)の摂取が不可欠でした。
EPAとDHAは、地上の植物性食品には含まれておらず、動物性食品にしか含まれていません。

◆: 人類は本来、高脂肪・高タンパク食に慣れているので、糖質制限食の安全性は高いのです。
マウスやラットやゴリラと、ヒトの食性はまったく異なっているのです。

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。