全分子フコダインエキスとは?

全分子フコダインエキスの3つの違いと効果

p53グルコースTOPページに戻る

<お役立ちメモ・フコダインとは?>

フコダイン(英語名:fucoidan)は、硫酸多糖の一種。コンブやワカメ(一部位であるメカブを含む)、 モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれる食物繊維である。(ウイキペディア)

フコダインはガンに対しての抗がん作用だけではなく、他の多くの病気、疾患に有用な多彩な機能を持っているそうです。
フコダインの成分の何が有用な効果が出るのかは、答えが見つかっていないそうなのですが、明らかに大学の実験で効果が検証されています。


以下は引用ですが、その効果の種類です。

[ 抗腫瘍・抗がん作用 ]

1)免疫増強作用 マクロファージ活性化
IL-12誘導 NK細胞活性化

2)アポトーシス 正常リンパ球には毒性を示さない
がん細胞には濃度依存的にアポトーシス誘導

3)血管新生阻害 ?VEGFのレセプター結合阻止
VEGFの発現、分泌阻止

4)転移・浸潤阻止 ?MMP-2、-9発現、分泌、活性化阻止

5)がん細胞接着阻止 ?糖鎖接着阻害作用(スルファチドーセクレチン結合阻害活性)

6)マウスでのがん増殖阻害・延命効果 ?マクロファージ活性化

[ 抗ピロリ菌・抗潰瘍作用・胃不快感改善作用 ]
硫酸基がピロリ菌を捕獲、 粘膜保護
抗ピロリ菌、粘膜保護、抗炎症

え〜〜っ?!ピロリ菌にも効果があるんですか? ´ 3`)ノ 〜

[ 抗アレルギー作用・抗炎症作用 ]

1)Th1/Th2 比調節  Th2 抑制(IL-2、-3、-5抑制)、粘液産生細胞抑制、好酸球減少 IL4、IgE、抗BSA特異的IgE抑制、ヒスタミン遊離抑制

2)炎症細胞抑制  アトピー性皮膚炎モデルマウス症状改善

[ 肝機能向上作用 ]HGF産生増強
GTP、GOT、γ-GTP値改善
[ 抗生活習慣病 ]
血中コレステロール値・中性脂肪値・血糖値の改善・抗肥満
[ 抗糖尿病作用 ]
筋肉細胞への糖取り込み促進
糖尿病モデルマウスでの血糖値上昇抑制

[ 抗ウイルス作用 ]ヘルペス、HIVなど
HTLV-1感染細胞にアポトーシス誘導、中和抗体価上昇
[ 抗菌作用 ]
食中毒菌増殖抑制(サルモネラ)

[ 抗酸化作用 ]抗加齢
活性酸素消去
[ 血液凝固阻止作用 ]抗動脈硬化症
血液をさらさらにする
[ 美肌作用 ]保湿、しわ、しみ、くすみ
シワ抑制、コラーゲン酸分解抑制、抗酸化作用
ヒアルロン酸酸化分解抑制、ヒアルロン酸合成促進
ヒアルロン酸酸素合成分解作用、ヒスタミン遊離抑制作用
皮膚の保水性、弾力性維持、創傷治癒促進
吸湿性、保水性向上
引用元:「九州大学院 細胞制御工学教室様」

p53 Home

3つの分子特性を「併せ持つのが 全分子フコダイン」

< 全分子フコダインの特徴は? >
一般にフコダインは高分子や低分子・超低分子など様々な分子サイズで製品化されていますが、その特性により得意とする働きが異なります。

その全ての分子特性を併せ持つのが 全分子フコダイン
【p53誘導体 フランDグルコース】 です。

全分子フコダインとは?

全分子フコダインは、ヒバマタ海藻と沖縄モズクを原材料に、シンゲンメディカルが独自の製法で抽出に成功したフコダイン成分です。

働きの異なる高分子フコダイン、低分子フコダイン、超低分子フコダインを配合したこれまでにないフコダインです。
これまでのフコダイン製品は高分子・低分子・超低分子など様々な分子サイズで抽出されてきましたが、そのはたらきにはそれぞれに一長一短がありました。

そこでフコダインの可能性を最大限に発揮すべく独自の抽出製法を確立し、全ての分子特性を兼ね備えた全分子フコダインの製品化に成功しました。

◆ 高分子フコダインとは?
高分子フコダインは全分子フコダインの構成要素の一つです。

一般に抽出された高分子フコダインは分子量約200,000程度の高分子を示しています。
これを私たちシンゲンメディカルでは独自の製法により、平均分子量300,000を実現しています。

※「高分子フコダインは吸収率には優れていませんが、強い活性刺激を有しています。」

◆ 低分子フコダインとは?
低分子フコダインは全分子フコダインの構成要素の一つです。

フコダイン本来の平均分子量200,000という大きな分子サイズを、独自製法によりフコダイン(多糖類)としての性質を保ちながら平均分子量500から700まで小さくする加工を施しています。
高分子フコダインに比べ、「細胞への吸収率を優位にすることで直接的な作用に働きます。」

※ フコダインは、多糖体のために食品として摂取しても吸収されずに、排泄されてしまいます。
アトポーシス = がん細胞を死滅させるためには、「フコダイン成分がガンまで届く事が条件です」

※『低分子のフコダイン』は弱った体にも無理なく吸収されがんをアトポーシス → がん細胞を死滅させます。

「 このがん細胞まで到達でき る低分子フコダイン」が「 特許を取得 」!!

※ 低分子のフコダインは、「直接患部に届かないがんや肝臓がん」などで治療効果が確認されています。

◆ 超低分子フコダインとは?
超低分子フコダインは全分子フコダインの構成要素の一つです。

フコダイン本来の平均分子量200,000という大きな分子サイズを、独自製法によりフコダイン(多糖類)としての性質を保ちながら平均分子量500以下まで小さくする加工を施しています。

低分子フコダインに比べ、さらに細胞への吸収率を優位にすることでより「 直接的な細胞への作用 」に働きます。

p53フコダイン Top頁へ戻る
よくあるご質問 : 副作用に関し
※ 全分子フコダインエキスは「食品成分」となりますため、基本的には副作用などございません。
しかしながら一般の食品でもあるように、まれにお体に合わなかったり胃腸にご負担のかかる方もいらっしゃいます。
もしも、お体に合わないようでしたら、飲用をご中止してください。

また、海藻成分等のアレルギーや、甲状腺の疾患等で、海藻成分の摂取に注意を必要とされる場合はかかりつけのお医者様によくご相談くださいますようお願いいたします。

【P53 フランDグルコース】配合フコダインエキス
販売サイトへ

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。