コーヒー酸(クロロゲン酸)がガンを抑制する理由とは?

コーヒー酸 はヒドロキシケイ皮酸類の抗酸化物質でした♪

p53グルコースTOPページに戻る
<ガンに打ち勝つお役立ちコラム> 
コーヒー酸(クロロゲン酸)とは? 
コーヒー酸 (桂皮酸)Caffeic acid はヒドロキシケイ皮酸類の抗酸化物質の一種です。

抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用、抗腫瘍形成作用、糖尿病予防、抗菌作用、抗HIVなどの作用があります。
脂肪燃焼効果やスポーツの後の疲労回復作用があるが副作用などは検出されていません。

参考 : ヒドロキシケイ皮酸
紫外線(UVB)でダメージを受けた肌の美白効果作用もあります。
アルファハイドロキシー(AHA)と似た働きをし、 細胞の再生を施すので、スキンケア商品などにも利用されています。

< がんの発生元を抑制するクロロゲン酸  >
※ クロロゲン酸は過酸化脂質を抑制

「過酸化脂質」は、人間の体の中の「脂質が酸化してできた」物質で「老化やがんの原因」になると考えられています。
「年齢が重なるとみんながんになる」などと言われるのは、老化もがんも身体が錆びつき(酸化が進み)過酸化脂質の増加が考えられます。
( → 赤ワインや緑茶に含まれるポリフェノールががんを予防するとされているのは、脂質の酸化を抑える性質があるからと思われます)

ポイント : コーヒーには強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種「クロロゲン酸」が含まれています。

過酸化脂質がなぜ、がんの原因になるのか?
それは過酸化脂質から発生するフリーラジカルという物質がDNAに影響を与え、突然変異のきっかけを作るからだと言われています。

< コーヒー関する 各国の論文発表  >
◆  和歌山県立医科大学科学教室(当時)の岩橋教授
実験により、コーヒーに含まれるクロロゲン酸がフリーラジカルの生成を阻害するという仕組みを明らかにしています。
→ 酸化の予防とフリーラジカルの生成の阻害という二重の防御壁で、コーヒーはがんを防いでいるわけです。
   (社団法人 全日本コーヒー協会発行の冊子より)

◆ 米国立がん研究所(2012年)
米国在住の40万人を13年間にわたって追跡調査した結果、1日4〜5杯飲んでいる人は全死亡リスク(あらゆる死因を含めたリスク)が男性で12%、女性で16%低下したと発表。

◆ 日本の国立がんセンター(2015年5月) 40〜69歳の男女約9万人を対象にコーヒーと全死亡リスク、がん、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患による死亡リスクとの関連をそれぞれ分析し、がん以外は3〜4杯でリスク低下が最も大きくなっていると発表した。 ◆ スウェーデンのルンド大学の研究チーム(2015年4月) :米国癌学会誌「Clinical Cancer Research」オンライン版
1090人の乳がん患者のデータを分析し、コーヒーの摂取量と乳がんの関係を調査した結果を発表している。
これによると、コーヒーを1日2杯以上飲む乳がん患者女性は、0〜1杯の女性に比べ乳がんの大きさが小さく、再発リスクも49%低下したという。

◆ 米カリフォルニア大学の研究チーム(2015年8月):、米国臨床腫瘍学会誌「Journal of Clinical Oncology」オンライン版
ステージ3(中程度まで進行した状態)で手術と化学療法を受けた大腸がん患者953人を対象に追跡調査を実施。
コーヒーや紅茶の摂取量とその後の経過を分析したところ、1日4杯以上のコーヒーを飲んでいた患者は、まったく飲んでいない患者と比べて死亡リスクが52%、再発リスクが34%低下していたと発表している。

美味しいコーヒーでガン予防♪


【P53 フランDグルコース】配合フコイダンエキス
販売サイトへ

【P53 フランDグルコース】配合フコイダンエキス 通販についてのインフォメーション

このコーナーには、【P53 フランDグルコース】配合フコイダンエキス 通販について当サイトが独自の視点で情報収集したものを、コンテンツとして掲載していきます。 【P53 フランDグルコース】配合フコイダンエキス 通販について重要なポイントをこの部分に記載します。(ただいま準備中)

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。