アラビノキシランとは免疫調整物質・ガン情報

強力な免疫調整物質としての働きが注目されているアラビノキシラン

p53グルコースTOPページに戻る
<ガンに打ち勝つお役立ちコラム>

アラビノキシランは免疫量を活性化♪  
< アラビノキシランはこんな方におすすめ >

アラピノキシランは、米ぬかから分離抽出されたへミセルロースにシイタケやスエヒロダケなどの菌糸体に含まれる酵素反応などによって作用させ 小さく切り出す方法で得られます。最近ではトウモロコシからも作られるようになりました。
熊笹にも含まれているため健康食品ショップではお茶に加工して売られていたりします。

○免疫力を高めたい方
○ガンを予防したい方
○生活習慣病を予防したい方
○老化を予防したい方

< アラビノキシランの働き >

アラビノキシランの強力な免疫調整物質としての働きが注目されています。
食物繊維の一種であるへミセルロースそのものは腸では消化されず、そのまま排泄されますが、「分子構造が小さいアラビノキシラン」は小腸でよく吸収されて血液中に入ります。

すると、血液中のマクロファージや、NK細胞(ナチュラルキラー細?)が活性化され、全身の免疫レべ ルが高まるのです。
なかでも、NK細胞はアラビノキシランの刺激でイン夕ーフェロンを産生し、 さらに細胞内のパーフォリンの形成をうながして、ガン細胞への攻撃力を強めることがわかってきました。

< 抗ガン作用の研究も♪ >
アメリカの免疫学者、マンドゴーナム博士によれば、ガンの患者に米ぬかから作られたアラビノキシランを投与した結果、いずれも病状の回復や自覚症状の改善、薬物治療(抗ガン剤)の 副作用の軽減などの有用性が認められたということです。
また、アラビノキシランは様々な疾患に効果があるといわれており、中でも注目されている疾患としてB型・C型肝炎、肝臓ガン、大腸ガンなどがあり、「代替医療サプリメント」として期待されています。

国内外を問わず、ガンや脳卒中、糖尿病などの生活習慣病は大きな社会問題となっています。
近年、生活習慣病が増えた背景として活性酸素の関与をあげる学者もいます。
活性酸素は、紫外線や喫煙、ストレスなどが原因で体内に発生し、細胞や血管など体の様々なところにダメージを与えます。
また、活性酸素は生活習慣病だけでなく、老化やその他の病気を引き起こす原因だといわれています。

アラビノキシランには、強い抗酸化作用があるため、活性酸素を除去する効果があるといわれています。

このサイトでは、お得に商品が購入できるように楽天やアマゾン、Amazonなどのネット店舗やドラックストアなどのお店の価格を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、無料、お試し、トライアルセット、トライアルキットがあるか、商品の特徴などのポイント、値引きや返金、返金保証はあるのか?などの情報を掲載する予定です。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、デメリットを分かりやすく紹介し、人気ランキング形式などで比較していきます。オークション情報、ヤフオク、在庫、在庫あり、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、ユーチューブ、動画やNAVERまとめ、アットコスメ、@コスメなどの情報も掲載していく予定です。